一番知れ渡っているのは株式とFX


sdf79ou4iwre 株式やFX、株価指数先物、CFD、商品先物取引などオンラインで投資できる金融商品は様々です。トレーダーが興味があるもの好みのもの得意なものを選ぶことが出来ます。この中で一番なじみが深いのが株式やFXです。特にFXでは上昇相場ではロングで下落相場はショートで、両方でリターンを狙えるうえにレバレッジをかけられるのが魅力です。

国内FX業者が提供するレバレッジは最大25倍です。少ない証拠金でも効率の良いトレードをすることができます。FXでは為替差益を狙ってトレードします。取引手数料がかからずオンラインでほぼ24時間トレードすることが出来るようになりデイトレードを行うデイトレーダーも誕生しました。

デイトレーダーは裁量でトレードするもの、システムトレードを行うものに分かれます。裁量では新規注文や決済注文や損切や利益確定はトレーダー自身の判断ですべて行うのに対し、システムトレードでは新規注文も決済注文も損切りも利益確定も自動ですべて行えます。システムトレードのほうがパソコンの前に張り付かなくて済むので楽です。

恐怖心を感じて注文を躊躇することも無いです。システムトレードを行うにはまずはメタトレーダー4をパソコンにインストールします。メタトレーダー4は無料のトレーディングプラットフォームでどなたでもご利用できます。メタトレーダー4はシステムトレード機能が付いています。

EAと呼ばれる売買プログラムに書かれたルール通りのトレードが行えます。EAはトレーダーご自身でプログラミングして開発することが必要です。プログラミングの知識が無いとEAを開発できないのですが、有料でEAを購入したり、無料のEAをネットからダウンロードして入手することも可能です。EAの作成代行会社もあり、プログラミングが出来なくてもご自身で確立している手法をそのままシステム化することが出来ます。

FXでは為替差益を狙ってトレードする他にもスワップポイントを狙うことも可能です。2国間の金利差が大きいほど受け取れるスワップポイントが大きくなります。スワップポイントはポジションを保有して持ち越しすると受け取りが発生します。

その日のうちにポジションを解消してしまうと受け取りは発生しないです。そのため日計り取引を行うデイトレーダーはスワップポイントを狙うことは出来ないです。スワップポイントは持ち越ししている間は毎日受け取りが発生します。豪ドル/円やニュージーランドドル/円、南アフリカランド/円といった高金利通貨がスワップポイント狙いの投資家に人気です。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

その他の情報

おすすめ記事


FXを始める前に

投資の税金


必読
ご利用規約
担当者責任