投資の税金の仕組みについて


sdsdflir4iwre ネットビジネスにも税金がかかるというのは、そういった世界と馴染みがない人にはあまり知られていない知識かもしれません。それらと同様に、投資も税金がかかります。

では、どのように税金が徴収されるのかというと、一般的にハイローオーストラリアなどの投資による売却益(キャピタルゲイン)は確定申告を行う必要があります。確定申告は自営業などの人と同じように、一年に一度自分で売却益と税金を算出して届出し、納めるという方法です。一方、株の配当金(インカムゲイン)などは、源泉徴収という形で自動的に引かれます。

特に売却益について、どのような場合に税金を払う必要が出てくるのでしょうか。譲渡所得とも呼ばれる『売却益』ですが、この金額が年間20万円以上の額になると税金を支払わなくてはいけません。投資者が無職の場合は、38万円以上と金額が変わってきます。

実際の売却益は、基本的に『収益総額から投資額を差し引いた金額』で算出することができます。これらの金額に、2013年度であれば軽減税率があったり、2014年度であれば東日本大震災の復興特別所得税があったりなど、年によって多少の差額があります。


証券口座の種類について

投資に際して開設する必要のある証券口座には、いくつかの種類があります。通常の一般口座のほかに、特定口座には二種類あり、源泉徴収があるものと、源泉徴収はなく確定申告が必要なものがあります。さらに、2014年からはNISA口座という新しい口座も取扱いが始まっています。

口座の種類が多くあると、開設するときに迷ってしまいがちですが、それぞれ特徴がはっきりとしていてメリットデメリットがありますので、いちばん用途に合ったものを選びましょう。ちなみに、現在では特定口座を選ぶのが一般的で、一般口座を利用するメリットはあまりないとされています。

NISAとは?

コマーシャルなどで耳にする『NISA』という口座ですが、2014年から取扱いが始まりました。『日本版ISA口座』と言われる小額投資非課税制度がこのNISAであり、もともとはイギリスで施行された投資の制度でした。この制度により投資がより身近に、手軽にできるものとなり、多くの人が投資に興味を持ったことから、日本でも取り入れられたという由来があります。

通常の口座は複数の口座開設が可能ですが、NISA口座は一人につき一つしか開設できません。そのため、口座開設の際にはいちばん高い効果が見込める証券会社を一社選び、そのNISA口座だけを利用していくという形になります。特徴を掴んで上手に使えば、NISA口座を利用した投資では大きな利益を得られるチャンスがあると言えるでしょう。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

その他の情報

おすすめ記事


FXを始める前に

投資の税金


必読
ご利用規約
担当者責任