銀行も倒産する時代 預けていたお金はどうなる?


sdsdflk85re 私たちが生活の一部として当たり前に使っている銀行ですが、預けているお金というものは、普通預金や定期預金など種類を問わず、銀行側では投資という形で運用されています。銀行が運用している資産の成果が目に見えてわかるのは、銀行預金の利息です。年利0.02%といった超低金利の利子、通帳を見ても苦笑いといったところでしょう。

元金割れがない債権で運用されていることが主ですが、資産運用の一種ですからリスクが100%ないとは言い切れません。なんなら、バイナリーオプション業者ランキング&ブログ体験記で投資していた方が良いかもしれないくらい、資産運用に失敗し、倒産してしまった銀行も多くあります。北海道拓殖銀行などが、経営破たんしてしまった銀行として記憶に新しいのではないでしょうか。

ただ、現在ではペイオフ制度が確立し、銀行が万が一経営破たんした場合でも預金者のお金が保証されることになっています。(1000万円まで)
ここで勘違いしてはならない点は、保証=すぐに返金されるということではない、ということです。仮払いとして60万円、残金については実はいつ返金されるのかはわからないのです。2010年9月10日にペイオフが実行されたのは、日本振興銀行が経営破綻した際です。

生活の一部として普通に預けているお金ですが、そのお金が不安定になる状況というのはいつも直面しているとも言えるのです。大手のメガバンクであるゆうちょ銀行や三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、また三井住友銀行なども油断禁物、倒産してしまった銀行の中には名の知れた大手銀行もあるからです。

他人事と考えず、まずは自分が利用している銀行の運用状態や、経営状況などはチェックしておいた方がよいでしょう。ちなみに、ペイオフ制度は別々の系列金融機関に預けておくことでその効力を十分に発揮します。例えば、ゆうちょ銀行に複数口座を持っていたとして、それぞれに1000万円預け、合計3000万の資産があったとします。しかしペイオフ制度を利用しても、同系列の為保証されるのは3000万のうち1000万円のみです。

そこで、ゆうちょ銀行に1000万円、みずほ銀行に1000万円、三菱東京UFJ銀行に1000万円と分散して預けた場合はどうなるでしょうか。
この場合、3000万円全額が保証対象となります。仮払いも一口座につき60万円ですから、180万円となります。資産を持っている方は、別系列の口座を複数つくり、預金する事で万が一のリスクを回避することができるので知っておくべきです。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

その他の情報

おすすめ記事


FXを始める前に

投資の税金


必読
ご利用規約
担当者責任