ゼロ円で株主優待の権利を手に入れる方法


ssdfyrwoksfdre ここで紹介するのは、株価変動によるリスクがいっさいなく、たった2日間株を保有するだけで株主優待を手に入れられるという一種の裏ワザのようなものです。

株主優待というものは、その権利がある最後の1日だけ保有していれば得られるものです。権利のなくなった翌日に売却してしまったとしても、期間が1年と定められていればその間は権利がなくなることはありません。ただし多くの投資家も同じように考えて株主優待を得ようとするので、権利落ち日というのは株価が大きく下落する日でもあります。

それによって大きな損失が出てしまっては、せっかく株主優待を手に入れたとしてもあまり意味がありません。では、どうすれば損失を出さずに株主優待の権利だけ得ることができるのでしょうか。そこで利用するのが、信用取引における信用売り、つまりは空売りなのです。

どういうことかというと、ようするに株主優待を受けるための株を権利が得られる前日に現物で購入しつつ、一方で信用売りの注文を出しておく、つまりクロス取引を行うわけです。

そして権利落ち日になったらすぐに、始値で2つの決済を同じタイミングで行ってしまいます。こうしておけばどんなに株価が変動したところで、損益はゼロになるのでリスクはいっさいありません。その上、株主優待の権利だけはしっかり確保しておくことができるのです。

株価が変動しても絶対に損失が出ない理由

信用取引における空売りは、株価が下がったとしても契約時の高い価格で売ることができるので利益が出ます。つまり株価が下がって現物の方で損失が出たとしても、その分を穴埋めすることができるわけです。

購入しているものは同じなので、どんなに値下がりをしようが、あるいは値上がりをしようが、かならず損益は打ち消しあってゼロになるのです。たとえば、株主優待目的で購入する銘柄が1000円の株価だったとします。一方ではそれをそのまま購入し、もう一方では空売りで株を証券会社から借り受ける形で、売却することを決めておきます。

その時点ですでに、そのまま購入した単元株数×マイナス1000円分と空売りによる単元株数×プラス1000円分が打ち消し合って、利益も損失も出ていないことが分かると思います。これが権利落ち日になったとき、900円まで株価が下がっていたとするとどうなるのか。

まずそのまま購入した株を売却した単元株数×900円分がプラスとなります。そして空売りしておいた株は証券会社から借りていたものなので、単元株数×900円で購入して返却した分がマイナスとなります。やはり、いっさい利益も損失も出ていないことが分かるでしょう。実際には取引にかかる手数料がありますが、その費用だけで株主優待をいっさいのリスクなしに手に入れることができるので、とても有効なテクニックになるのです。

出所: バイオプ.net


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

その他の情報

おすすめ記事


FXを始める前に

投資の税金


必読
ご利用規約
担当者責任