FX・バイナリーオプションに役立つ相場の見方


 【三尊天井(ヘッドアンドショルダー)を覚えよう】

さて、みなさんは「三尊天井(ヘッドアンドショルダー)」という言葉に聞きなじみがあるでしょうか。
これは、“天井圏”でたびたび見られる3点が突き出た山型のチャート形状のこと。FXやバイナリーオプションに取組むのなら、ぜひ知っておきたい相場の見どころの1つです。

「三尊天井(ヘッドアンドショルダー)」とは、名前から分かる通り、チャートに現れた3つの頂点をもつ山型のこと。

・上昇トレンドが加速して高値天井を打ったところで相場が反落 
・しかし再び上昇して前回の値を超えた高値をつけるが再び下落
・一旦は再上昇するが、前回の高値には至らずその後相場は下降

こうして3つの山(頭と両肩)を形成するのが「三尊天井(ヘッドアンドショルダー)」。

なお、底値圏でこうした3つの山が現れる状態は「逆三尊底」と呼ばれ、「三尊天井・逆三尊底」ともに相場転換を捉えるシグナルとして多くの投資家に注目されています。


【ダブルトップ、ダブルボトムを覚えよう】

また、相場転換のシグナルとしては「ダブルトップ/ダブルボトム」も有名。
あわせて覚えておきましょう。

ダブルトップは、名前からイメージできる通り、高値圏で相場が2つの山を形成した状態のこと。上昇した相場がいったん下落、その後に再び上昇するものの,前回の天井水準あたりに達したところで再度下落しはじめ、今度は盛り返すことなく下落してしまうパターン、これが「ダブルトップ」であり、逆向きで起こったものを「ダブルボトム」と呼びます。

ただ頻繁に細かな動きを繰返す相場のなかで「ダブルトップ/ダブルボトム」を見極めるのは難しく、見誤ってしまうことも多いので要注意。「ダブルトップ/ダブルボトム」が生じたと早合点して相場転換に備えたところ、相場が再び元の水準に戻し損をすることもあるのです。

そこで着目したいのが「ネックライン」!
ネックラインとは1山を形成した後、再び方向転換を始めた際の相場価格のこと。2つの山を形成した後の相場がこのネックラインを突き抜けて進んだときには、相場が「ダブルトップ/ダブルボトム」を形成した可能性が高く、そこから相場は一気に上昇・下落する可能性が高いと指摘できるのです。
よって相場が「ダブルトップ/ダブルボトム」であるか否かは、2つの山が形成されたあと、相場がネックラインを超えるかどうかを見てから判断するのが無難でしょう。


【三角保ち合い(トライアングル)を覚えよう】

これは、相場の下値を結んだ下値抵抗線と、相場の上値を結んだ上値支持線を伸ばした線が徐々に接近し「三角形」を形成した相場局面のこと。2つの線が交わったあたりを起点に相場が大きく上昇または下落にむかって動きはじめることが多いことから、売買タイミングを計るのに役立つパターンとして重宝されています。


【ダイヤモンドフォーメーションを覚えよう】

「ダイヤモンドフォーメーション」は珍しいパターンなので、滅多に目にする機会はありませんが、一応頭に入れておきましょう。これは、名前から分かる通り、相場に「ひし形(左半分は徐々に広がっていく三角形、右半分はだんだん狭まっていく三角形)」が形成された状態のこと。なお、ダイヤモンド型の範囲内から抜けた直後から相場は一気に動きだすことが多い(とりわけ天井部分に出現し、ダイヤモンドを抜けた後一気に下降トレンドに入ることが多い)ため、このダイヤモンドを見つけた際にはその後の相場の流れに注意しましょう。


この通り、相場の動き方には色々なパターンが存在します。
こうした知識を増やしていけば、(もちろんパターンを形成した後の相場が、過去の傾向通りに動く保証はないわけですが)相場の予想精度を確実に高めていけるため、ぜひ、ひとつひとつ役立つパターンを覚えていきましょう。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

その他の情報

おすすめ記事


FXを始める前に

投資の税金


必読
ご利用規約
担当者責任